<旬の献立を探しに 小平泰子>

 塩は一切使わず、昆布とカキの味わいだけでいただく酒蒸しです。もちろん、お好みでポン酢につけたり、ゆずの果汁を搾っても。


【材料】(2人分)

九条ねぎ    2本
カキ    6個
昆布(10センチ×15センチ)    1枚
日本酒    100cc


【作り方】

(1)ふた付きの鍋に日本酒、昆布を入れ、戻るまで置く。
(2)カキはたっぷりの水の中でふり洗いし、水気を切る。九条ねぎは根を落とし、端から斜めに薄切りにする。
(3)カキを昆布の上に並べ、空いたところに九条ねぎを入れ、ふたをして火にかける。沸騰したら火を弱めて3~5分ほど蒸し、汁ごと器に盛る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan