東京五輪の競泳2冠を報告し、ひこにゃんと記念写真に収まる大橋選手(彦根市役所)=彦根市提供

東京五輪の競泳2冠を報告し、ひこにゃんと記念写真に収まる大橋選手(彦根市役所)=彦根市提供

 東京五輪の競泳女子で日本史上初の2冠に輝いた大橋悠依選手=滋賀県彦根市出身=が彦根市役所を訪れ、市長に結果を報告した。大ファンという市の人気キャラクター・ひこにゃんと、笑顔で記念撮影した。市が16日に公表した。

 訪問は13日で、大橋選手と家族の希望で非公開で行われた。市によると、お盆の帰省に合わせて大橋選手側から訪問の申し入れがあったという。

 大橋選手は父親と姉と共に和田裕行市長と対面し、金メダルを手に結果報告をした。ひこにゃんが現れると「かわいい」と駆け寄って握手。「(ひこにゃん柄の)靴下履いてるで」と声を掛け、手をつないで仲良く撮影した。

 ひこにゃんの原作者もへろんさんが2冠を記念して描いた水着姿のひこにゃんのイラストやグッズを市長から贈られた大橋選手は、「地元の皆さまに応援いただき、ありがとうございました。ひこにゃんパワーでメダルを取れました。ひこにゃんにも祝福されてうれしかった」と声を弾ませた。