京都府の新型コロナウイルスワクチン接種会場の一つ、サンガスタジアム京セラ(6月15日、京都府亀岡市)

京都府の新型コロナウイルスワクチン接種会場の一つ、サンガスタジアム京セラ(6月15日、京都府亀岡市)

 京都府は17日、40歳以上の府民を対象とした新型コロナウイルスワクチン(米モデルナ製)の接種で、専用サイトとLINEによる予約の受け付けを開始した。府が設ける会場3カ所のうち、京都市と亀岡市に設けた接種会場の予約は即日で定員に達した。次回の予約開始日は24日。

 JR京都駅前の日本生命三哲ビル(京都市下京区)の会場では今回、24~30日の平日5日間で計850人分の接種枠を用意したが、17日午前9時の予約開始後4分で定員に達した。

 土・日曜日に開設する府立京都スタジアム(亀岡市、サンガスタジアム京セラ)の会場の予約は21、22、28、29日の計1600人分が約2時間で埋まった。

 サンガスタジアムと同じく土日に接種を行うけいはんなプラザ(精華町)の会場は、17日夕の時点で21、22、28日が定員に達している。

 24日から受け付ける次回の予約分は、京都駅前の会場は土日を除く31日~9月6日、サンガスタジアムとけいはんなプラザは9月4、5日がそれぞれ接種日となる。