クマにかまれた傷跡が今も残る男性の左腕(高島市今津町梅原)

クマにかまれた傷跡が今も残る男性の左腕(高島市今津町梅原)

 本州最強の「猛獣」ツキノワグマ。近年、京都・滋賀で目撃が相次ぎ、人間社会との距離が近づいている。6月には滋賀県高島市で人が襲われ負傷し、10月には京都市左京区の市街地に出没した。もし、出合ってしまったらどうすればいいのか。

 6月23日の午前5時前。高島市今津町梅原の男性(70)は、ガサゴソという物音で目が覚めた。自宅2階の窓から裏の畑を見ると、柴犬ほどの大きさの子グマが2頭、畑にまいた野菜くずを食べていた。
 追い払おうと、畑に向かった。親グマは見当たらない。近づくと、1頭は近くの樹木に登り、もう1頭は山へ逃げた。
 そのとき、4メートルほど先にある高さ約1・5メートルの塀の上に親グマの顔が現れた。そう気づいた瞬間、左肩を引っかかれて倒れ、とっさに出した左腕に痛みが走った。「やられた」。かみつかれていた。
 男性は「むちゃくちゃ俊敏で、クマがどうやって塀を越えてきたのか、見る余裕がなかった」と振り返る。かみついた後、親クマは山に姿を消した。男性は約30針を縫い、1カ月間は中指が動かなかった。今も傷跡が残る。
 男性は「行ったら逃げるだろう」と思い、何も持たずに畑へ向かった。今は山に入るときは意識して足音をたて、自宅周辺の木は見通しを良くするために切った。
 「こんな怖いもんと思わんかった。クマは別格だ」

■回避策、鈴やラジオ有効 「出合ったら静かに待つ」

 クマに遭遇しないための注意点と、出合った場合の対処法を、東京農工大の小池伸介准教授(40)=生態学=と京都市動物園(左京区)への取材からまとめた。
 小池准教授によると、クマは基本的に臆病な動物で、人に危害を加えるためでなく、パニックになって防護のために襲うという。
 山林など生息域に入る場合、有効なのは鈴やラジオなど音のする物を携帯すること。「人より耳が良い」ため、先に気づいて逃げていく。また、目撃情報を事前に仕入れ、樹皮剝ぎの跡やふんに注意する。
 それでも遭遇した場合、気づかれなければ、静かにクマが立ち去るのを待つ。気づかれても、大声を出したり逃げたりすると、逆に攻撃を誘発してしまう。
 実は「必ずうまくいく」という正解はない、という。よく言われる「死んだふり」は、「クマは動物の死骸を食べるため、逆に食べられる危険もある」(市動物園)。鼻を殴って撃退できたケースもまれにあるが、人間は一対一の格闘ではまず勝てない。立ち向かうのは厳禁だ。
 小池准教授は「クマによる死亡事故で、最も多いのは失血死とみられる。『死なないこと』を目標にするなら、うつぶせになり、けい動脈を切られないよう、両手で首の後ろを押さえてクマが離れるのを待つしかない」とする。

 ■人恐れぬ新世代が登場

 ツキノワグマは、奥山に暮らす動物だったが、近年、社会環境の変化や生息数増加のため、人との接触が相次ぐようになった。今秋は主食のドングリの実りが悪いといい、例年以上に注意が必要だという。京都・滋賀では行われていない狩猟の解禁を検討する動きもある。
 京都府や滋賀県によると、ツキノワグマの推定生息数は、京都が約1400頭(2018年度)、滋賀が182~467頭(17年度)。狩猟圧がないため、増え続けているとみられる。
 目撃も相次いでいる。最多はドングリが大不作だった10年で、京都が1976件、滋賀が322件だった。過去10年における遭遇による人身事故は、京都・滋賀で23件発生した。死者はなかった。
 クマが人の生活圏に出没するようになった原因には、個体数の増加に加え、生活の変化で「里山」が放置されたことや、農村の過疎化が原因と指摘されている。
 府や県、森林総合研究所(茨城県つくば市)などによると、薪炭材入手のため人が出入りしていた里山が緩衝地帯の役目を果たし、クマは人里まで降りてこなかった。しかし、里山に手が入らなくなると、山に食べ物がないときは、人里近くで探すようになった。近年は過疎化などから農村で人の姿が見られなくなり、人を恐れない「新しい世代のクマ」が人里にいつくようになったという。
 滋賀では今年、ブナとミズナラが「凶作」でコナラが「不作」、京都では全体的に「凶作」だった。冬眠前に餌が森にない状態になるため、クマが行動範囲を広げ、11月末ごろまで出没すると予想される。県や府は、クマを近づけないため、カキの果実の除去や生ごみの管理、見通しの悪いやぶの除去などを呼びかけている。
 狩猟対象でないのも一因だ。県は、レッドデータブックで「希少種」に指定しており、10年以上、猟の「自粛」を続ける。府では「絶滅寸前種」指定で、狩猟は禁止だ。だが、個体数増加を受け、府は解禁も視野に指定の見直しを始めた。
 ただ、狩猟解禁には厳密な検証が必要という指摘がある。府県で生息数の計算方法が異なり、個体の数がはっきりしないほか、動態も正確に分かっていない。
 東京農工大の小池伸介准教授は「自然の仕組みは我々の想像をはるかに超える。クマを減らすとすぐに森の姿が変わるわけではないが、どんな影響が出るか分からない」とする。たとえば、クマは果実の種を食べて排せつし、種子散布者の役割を担う。行動範囲が広いため、散布はタヌキやサルより広範囲に及び、生態系の中で群を抜く。小池准教授は「その場しのぎでなく、科学的な根拠に基づき、対応しないといけない」と指摘する。