京都国際-前橋育英 力投する京都国際の先発・森下(甲子園)

京都国際-前橋育英 力投する京都国際の先発・森下(甲子園)

 第103回全国高校野球選手権大会第6日は19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われ、初出場の京都国際は1―0で前橋育英(群馬)を破り、初戦を突破した。

 京都国際は二回、4番の中川が左越えソロ本塁打を放って先制した。先発したエース左腕の森下は鋭い変化球を駆使し、無失点で完封した。

     ◇

 京都国際は、春季大会を制して第1シードとして臨んだ京都大会で、盤石の強さを見せて優勝した。初出場した選抜大会を経てたくましさを増し、投打ともに成長した。山口主将は全国制覇を目標に掲げ、「攻める野球が自分たちの強み。チームが束になって戦いたい」と闘志を燃やす。

 下位まで隙のない打線に仕上がった。京都大会では4人が打率4割5分を超えた。中川は決勝で逆転本塁打を放つなど勝負強さが光る。主砲は「全員のスイングスピードが上がっている」と手応えを示す。上位の植西や金田の打撃も好調だ。武田は俊足に加えて長打力もある。巧打の岩内が京都大会から主力に定着するなど、選手層は厚くなった。

 投手陣は、エースナンバーを背負う2年の左腕森下が大黒柱。最大の武器であるスライダーに加えて、直球が最速140キロ超と鋭くなった。変化球の球種も増やして投球の幅を広げ「自分の投球でチームの雰囲気を良くしたい」と意気込む。同じく2年の右腕平野は京都大会で本調子ではなかったが、力強い直球はチームの躍進に欠かせない。

 今春の選抜大会では2回戦の東海大菅生戦で、九回に逆転サヨナラ負けを喫した。悔しさを糧に厳しい練習を重ね、チーム力を向上させた。小牧監督は「チームの状態は準決勝から引き続き上がってきている。夏は結束力の勝負。日本一を目指したい」と決意を示す。