京都府内でツキノワグマの生息数が増えていることから、府は20年ぶりに狩猟を解禁する。農林業や人への被害を防ぐのが狙い。本年度に入り、