自然の中にたたずむアマン京都のオールデイダイニング(京都市北区)

自然の中にたたずむアマン京都のオールデイダイニング(京都市北区)

窓から自然豊かな風景が楽しめるパビリオンの客室

窓から自然豊かな風景が楽しめるパビリオンの客室

 世界各地でリゾートホテルを展開するアマンの日本国内3カ所目となる高級ホテル「アマン京都」が1日、京都市北区の鷹峯地区にオープンした。自然を生かした庭園風の敷地約2万4千平方メートルに、四つの宿泊棟など低層の建物が点在するユニークなたたずまいで、国内外の富裕層の取り込みを図る。

 客室は宿泊棟の24室に加え、1棟を別荘風に利用する「パビリオン」が2棟ある。全客室に畳の間やヒノキ風呂があり、価格帯は最も安い部屋(60平方メートル)で1室1泊11万円以上、最高級のパビリオン(241平方メートル)は80万円以上。

 スパ棟やオールデイダイニング、日本料理を提供するレストラン棟も備える。敷地内は小川が流れ、ヤマモミジが生い茂るなど自然の姿を残し、各地の銘石を使った石畳や、こけむした石垣が風情をかもす。

 アマンは2020年の開業予定も含めて22カ国38カ所のリゾートを展開。国内にはアマン東京(千代田区)とアマネム(三重県志摩市)があり、ウラジスラフ・ドロニン会長は「アマン京都は自然と融合した静(せい)謐(ひつ)で美しいリゾート。日本での『アマンジャーニー』をより豊かなものにしてくれる」と話している。