京都府京丹波町市場の特別養護老人ホーム「長老苑」は31日、利用者32人と施設職員2人が22日から30日の間に呼吸器感染症を集団発症した、と発表した。

 同苑によると、発症した利用者は70~90代で、利用者の約半数にのぼる。症状は、のどの痛みや鼻水、発熱などで、重症はいなかった。2人が入院中だが、回復に向かっているという。

 堀正樹施設長は「心配をお掛けして申し訳ない。早期の終息と今後の予防を徹底する」としている。