「令和」の手話は、手を前に出しながら指先を開く

「令和」の手話は、手を前に出しながら指先を開く

 全国手話研修センター(京都市右京区)は2日、新元号「令和」を表す新たな手話を発表した。元号に込められた意味にちなみ、花のつぼみが開く様子をイメージしたという。

 公式な動作説明によると、5本の指をすぼめて上に向け、胸の脇の前に構える。手を前に動かしながら指先を緩やかに開く。その際、上から見ると輪になるように指先を並べる。典拠となった万葉集の意味に合わせて花のつぼみが開き、花びらが輪となった指先からふくよかな香りを放ち、和みゆく様子を表現した。

 1日、同センターの日本手話研究所が標準手話確定普及研究部委員会を開き、委員6人による全会一致で確定した。同研究所の高田英一所長が2日、京都市上京区の府庁で記者会見し「分かりやすく使いやすい手話ができた。障害のあるなしにかかわらず、自然な形で日本や世界の人たちに愛され、普及することを願う」と述べた。同センターのホームページなどで公開する。