関西六大学野球が6日、南港中央で開幕する。昨秋優勝の京産大は成長著しい投手陣を中心に連覇を狙う。昨季5位の龍大は攻守で基礎力向上に取り組み、上位浮上を目指す。

 京産大は昨季のエースが抜けたが、左腕藤本(3年、京都学園)、下手投げの長谷川(2年、藤蔭)らリーグ戦を経験した投手が競い合う。打線はともに福知山成美高出身の西元(4年)、笹原(3年)が中軸を担う。勝村監督は「チーム内競争でレベルが上がった。投手中心に守って勝つ」と連覇へ意気込む。

 龍大は就任2年目の杉森監督のもと、走り込みや筋力トレーニングで土台づくりに取り組む。直球に力のある左腕波多野(3年、日星)に加え、右の古口(4年、福岡大大濠)の復調に期待がかかる。打撃は西脇(4年、愛工大明電)、大西(4年、智弁学園)が中心。杉森監督は「上級生の活躍に期待している」と開幕を見据える。