「文春砲」恐るべし、というほかない。河井克行法相が辞任した。菅原一秀前経済産業相の更迭に続き、「週刊文春」の報道を受けて責任を取った形だ▼河井氏の妻が今夏の参院選で初当選した際、運動員に法定の倍額に当たる日当を支払ったと報じられた。政界などの醜聞をスクープし、その地位も人望も吹っ飛ばす威力はすさまじい。われら新聞報道も心して追及せねばなるまい▼疑惑が事実であれば、妻はもちろん、選挙運動を事実上仕切ったとされる河井氏自身も公選法に抵触しかねない。「法務行政への国民の信頼が損なわれてしまってはならない」というが、閣僚辞任だけで済むのか▼安倍晋三首相は組閣に際し「適材適所」を心掛けたのではなかったのか。その根拠が相次ぐ閣僚辞任で揺らいでいる。任命責任は極めて重い▼そういえばお隣の国でも法相が妻らの不祥事に絡み、辞任に追い込まれた。まるで韓流ドラマの焼き直しを見せられているようだ。かつて「美しい国、日本」を掲げた第1次安倍政権は、「政治とカネ」で閣僚の顔ぶれが次々と入れ替わり、短命に終わった▼文部科学相の「身の丈」、防衛相の「雨男」発言への批判が収まらず、「辞任ドミノ」の種は尽きない。これもまた見たくもないドラマの再現でなければよいのだが。