京都府内の子ども文庫でつくる「京都家庭文庫地域文庫連絡会」(京庫連)が、平和や戦争を題材にした子ども向けの本を紹介し合う「京庫連平和文庫読書会」を10年ぶりに再開させた。近年出版された難民や貧困など幅広い内容の児童書を持ち寄り、情報や問題意識を共有。親子に読んでほしい本をリスト化する予定で、会員は「平和を考えるきっかけになれば」と願う。

 京庫連は1973年に結成、府内31カ所の子ども文庫と個人92人が会員になっている。平和をテーマにした読書会や催しにも積極的に取り組み、親が子に薦める参考にと、多くの関連本を紹介した冊子「君には関係ないことか」を2011年までに5冊刊行した。

 京都市右京区太秦の民家に「京庫連平和文庫」の拠点を設け、冊子に掲載した本のほか、漫画や写真集など約1500冊をそろえる。毎月第2火曜と第4水曜に……