【ニューデリー共同】インドの公正取引委員会に当たる規制当局は24日までに、スズキ子会社で最大手のマルチ・スズキに対し、20億ルピー(約30億円)の罰金を支払うよう命じたと発表した。販売店に対し、値引きを不当に制限したとしている。