完成した藍染めのハンカチやお弁当包みを眺める子どもたち(京都府亀岡市保津町・保津保育所)

完成した藍染めのハンカチやお弁当包みを眺める子どもたち(京都府亀岡市保津町・保津保育所)

 京都府亀岡市保津町の保津保育所でこのほど、園児たちが藍染め体験を行った。ハンカチなどを染め上げ、美しい藍色に歓声を上げた。
 藍で地域活性化に取り組む住民団体「ほづあい研究所」の協力で、3~5歳の21人が参加。ハンカチのほか、お弁当包みやバッグの3種類を染めた。
 園児たちはエプロンをつけて、藍染め液と水の入ったバケツを何度も往復。「いーち、にーっ、さーん」と、みんなで60秒数えて布を浸した。最後に輪ゴムを外すと、さまざまな模様が入った作品を仕上げた。
 ハンカチを作った男児(3)は「きれいな色にできた。家で使いたい」と、喜んでいた。