龍谷大の学生らが開発した同大学のイメージを表現したオリジナルブレンド紅茶(京都市左京区)

龍谷大の学生らが開発した同大学のイメージを表現したオリジナルブレンド紅茶(京都市左京区)

 龍谷大の学生らが、同大学のイメージを香りで表したオリジナルブレンド紅茶「深草“OTOME”」を開発した。かんきつ系をベースに「芯があり、知性と行動力がある女子学生を表現した」という。4日午前11時から京都市中京区の三条名店街で開く「龍谷マルシェ」で販売する。

 開発したのは経営学部の藤岡章子教授のゼミ生で、茶葉農家の収入や品質の安定に取り組む高級紅茶ブランド企業「ムレスナティーハウス」とコラボレーション。昨年12月から開発を進めてきた。

 かんきつ系の香りを基本にアールグレイやジャスミン、トルキッシュローズなどを独自の割合でブレンド。パッケージも学生が考えた。4日は3パック入り50セット、バラ売り50パックを用意し、それぞれ400円と140円で販売する。売り切れ次第、終了する。