政府は25日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象地域拡大に合わせて、感染対策の指針となる「基本的対処方針」を改定し、学校現場の対策強化を打ち出した。新学期を迎える子どもたちの感染に不安が高まっているため、最大約80万回分の検査キットを小学校などに9月上旬から追加配布し、教職員らに使ってもらう。教職員のワクチン接種も進める。

 学びの場を確保する観点から全国一律の休校は要請せず、地域の感染状況に応じた対応を求めた。緊急事態宣言下の大学などでは遠隔授業の実施も選択肢に挙げた。

 比較的容易に検査できる抗原簡易キットは既に大学や高校、特別支援学校に配っている。