【資料写真】新型コロナウイルス(国立感染症研究所)

【資料写真】新型コロナウイルス(国立感染症研究所)

 滋賀県は25日、新たに10歳未満~80代の男女220人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。水曜発表の新規感染者数として過去最多で、県内の感染確認は計9573人となった。自宅療養者は1483人で、前日から117人増えて過去最多を更新した。


 中等症1人を除いて軽症か無症状。居住地別では、大津市55人、草津市28人、近江八幡市22人など。同日までに、野洲市の運輸業事業所で県外確認1人を含む従業員計12人、甲賀市の製造業事業所で県内18人と県外14人の従業員計32人の感染が確認され、県は新たなクラスター(感染者集団)と認定した。


 野洲市は25日、中主中で生徒2人の感染と多数の濃厚接触者が確認されたため、27日の2学期始業式を9月1日に延期すると発表した。同校生徒のきょうだいが多く在籍する中主小も同様の措置を行う。


 草津市議会事務局は25日、70代の男性市議が感染したと発表した。