京都市出身の俳優、北大路欣也(78)がデビュー65年を迎えた。「旗本退屈男」で知られる時代劇スター・市川右太衛門(うたえもん)(1907~99年)の次男として、京都の北大路近辺に生まれ育ち、13歳で父と共演した東映京都の映画「父子鷹(おやこだか)」(1956年)でデビュー。今でも「太秦の撮影所に入る時はワクワクや重み、思い出が一気に来ます」と万感を込める。東映京都で今春撮影した時代劇ドラマ「三屋清左衛門残日録(みつやせいざえもんざんじつろく)」の新作が9月に放映されるのを前に、思いを語った。=敬称略