新型コロナウイルス禍の長期化で苦境が続く観光業界。京都市内では旅行客が激減しているにもかかわらず、新しいホテルが次々に開業している。これまで足を運んだホテルの内覧会では経営トップや責任者から「地域」「地元」といった言葉が異口同音に聞かれた。コロナ前はオーバーツーリズム(観光公害)による市民生活への影響が大きな問題となっただけに、同じ轍(てつ)を踏まないためには地域への理解と配慮が欠かせない。