ライトアップされた「もみじのトンネル」をゆっくり進む電車(2日午後5時21分、京都市左京区)

ライトアップされた「もみじのトンネル」をゆっくり進む電車(2日午後5時21分、京都市左京区)

 叡山電鉄(京都市左京区)は2日、同区の市原-二ノ瀬間の約250メートルにわたる「もみじのトンネル」のライトアップを始めた。乗客たちは、ほのかに色づき始めたモミジと光が織りなす幻想的な光景に酔いしれた。

 同区間沿いには約280本のモミジがあり、線路の上まで覆いかぶさるように茂っている。この区間では車内を消灯して速度を落として走行、車窓いっぱいに迫る秋のトンネルを演出する。

 同電鉄と貴船観光会が主催するイベント「京の奥座敷・貴船もみじ灯篭(とうろう)」の一環。24日まで、午後4時半ごろから9時ごろまで点灯する。期間中、貴船神社一帯でもあんどんを多数設置し、秋の夜を彩る。