バスケットボールの全国高校選手権京都府予選は2日、西宇治体育館で男子決勝リーグ2試合を行った。東山は97―71で京都両洋を破り、洛南は96―77で鳥羽に勝った。4チームによる決勝リーグで東山、洛南はともに2勝を挙げ、本大会出場を決めた。
 6月の近畿大会を東山が制したため、今年は上位2校が本大会に出場できる。
 3日は女子決勝と、男子の最終戦となる東山―洛南、鳥羽―京都両洋を、いずれも宝が池体育館で行う。