財政難にあえぐ京都市が近年、ふるさと納税による寄付金獲得のため返礼品競争に本格参戦している。市民が他の自治体に寄付する流出額が50億円規模に膨らむ一方、市に入ってくる寄付額が少なく、背に腹は代えられない事態となっているためだ。「返礼品で納税する自治体を選ぶのは制度の趣旨に合わない」としていたこれまでのプライドを捨て、