下草の処理や間伐をして眺望が開けた散策路(京都府精華町精華台・けいはんな記念公園)

下草の処理や間伐をして眺望が開けた散策路(京都府精華町精華台・けいはんな記念公園)

 京都府精華町精華台のけいはんな記念公園に、新たな散策路が整備された。里山ゾーンの「芽吹きの森」の入り口近くの尾根沿いの樹木を間伐し、日本庭園や園外の丘陵などが眺望できるようにした。

 公園指定管理者の植彌(うえや)加藤造園(京都市左京区)が昨年末からボランティア団体「コナラ会」と作業した。

 ハイキング気分で散策できるように、尾根を整備して従来の散策路とつないだ。視界を遮っていた下草や、昨年の台風による倒木を処理し、見晴らしを良くした。ベンチも設置する予定。

 「芽吹きの森」は、さらに新たな散策ルートの整備も計画中。散策は入園料が必要。