小さな子連れでの電車やバス移動は苦労が多い。わが子の様子、周囲の目、膨らんだ荷物…。「全方向にアンテナを立てている。気合が必要ですね」。保育園の送迎のため、1歳10カ月の長女を連れて京都市営地下鉄を利用する母親(39)=伏見区=は苦笑する。

 保育園は夫婦の職場の関係で市中心部を選んだ。自宅の最寄り駅から東西線で約25分。最初はベビーカーを使ったが、3カ月ほどでやめた。ラッシュ時は殺伐とした雰囲気が漂う上、「娘が歩きたがるし、私も『邪魔かな』と周囲が気になって」と漏らす。