菅首相が辞任する意向を固めたことを伝える大阪・梅田の大型モニター=3日午後0時31分

 菅首相が辞任する意向を固めたことを伝える大阪・梅田の大型モニター=3日午後0時31分

 自民党の岸田文雄前政調会長は3日、菅義偉首相が辞意を固めたことを受け、総裁選に立候補する考えに変わりはないと表明した。高市早苗前総務相は出馬に重ねて意欲を示した。

 岸田氏は東京都内で記者団に「総裁選への思いは、出馬表明から今日までさまざまな場で訴えてきた。その思いは変わらない」と説明。高市氏は取材に「日本のトップの発言が毎日変わり、あきれた。私は総裁選を戦い抜く」と強調した。

 総裁選への立候補断念を表明していた下村博文政調会長は、自身の対応に関し「状況が変わった。改めて仲間と相談したい」と語った。