滋賀県

滋賀県

 滋賀県は3日、河川改修などの設計や調査業務を委託していた建設コンサルタント会社が「ランサムウエア」と呼ばれるコンピューターウイルスによるサイバー攻撃を受けたと発表した。データの流出がないかを調べている。

 攻撃を受けたのは東京都の「オリエンタルコンサルタンツ」など4社。同社グループのファイルサーバーに保管されていたデータが暗号化されるなどの被害があった。県によると、都市計画課や企業庁、県警本部など12の部局が設計業務など35件を委託していた。県関連のデータは設計図面や測量結果などが大半だが、浸水警戒区域の土地所有者名簿など県民の情報も一部含まれているという。