菅義偉首相がきのう、今月に予定される自民党総裁選に立候補しないと突然、表明した。

 政権党の党首を続投しないことは首相も辞めることを意味する。安倍晋三前政権を引き継いだ菅内閣は、約1年で退陣となる。

 菅氏は総裁選に出馬しない理由について「新型コロナウイルス対策に専念したい」と語った。

 そのコロナ感染は猛威を振るっており、東京都などは医療崩壊の瀬戸際にある。コロナ対策に最優先で取り組むと約束しながら、有効な手だてを講じてこなかったことは明らかだ。

 菅政権のコロナ対策については対応のスピードや施策の実効性などに多くの国民が不満を抱いている。内閣支持率も政権として最低水準にまで低下した。

 衆参補選や横浜市長選などで推した候補が勝利できず、党内から菅氏を「次期衆院選の顔」とすることへの不安が広がっていた。直近では、総裁選を念頭になりふり構わぬ政治的延命策にのめり込む菅氏への批判が出ていた。

 国民ばかりか身内からも突き放され、行き詰まった揚げ句に政権運営を投げ出したように見える。

 専門家の警告を無視

 象徴的だったのが、きのうの記者団とのやりとりだ。菅氏は、総裁選の選挙活動には「莫大(ばくだい)なエネルギーが必要」だとし、「(コロナ対策と)両立できない。どちらかを選択すべき」と語った。

 内閣退陣につながる決断を表明する場だったのに、総裁選に出ないことを語っただけで、国民への説明も呼び掛けもなかった。

 国政を担っている責任を感じているような辞め方とは言い難い。国民との対話を回避し、多様な意見に耳を傾けてこなかった菅政権の体質の全てが、ここに映し出されていたように感じられた。

 コロナ禍への対応では、その特徴が具体的に表れたといえる。

 昨年は感染が収束しない中で観光を支援する「GoTo」事業を進めた。今年も東京五輪の実現に執着し、専門家らの警告を無視する形で五輪開催を「強行」した。

 国民に外出抑制を求めながら、それに逆行するようなイベントを実施する矛盾を批判されても、国会答弁や記者会見で意図などを説明することはなかった。

 感染がさらに拡大した際には、GoToや五輪との関連を示す証拠はないと強弁を続けた。かたくなに政策の不備を認めようとしない姿勢が、国民の協力を得られなかった要因だったのではないか。

 日本学術会議の新会員候補6人の任命拒否を巡る問題も同様だ。

 菅氏は「総合的、俯瞰(ふかん)的観点から判断した」と繰り返し、答弁に食い違いが生じても、任命拒否の理由を最後まで語らなかった。

 国民との対話を軽視する一方、中央省庁の官僚に対しては人事権を使って支配を強めたとも指摘される。菅氏の長男が勤める放送事業会社から多数の総務省幹部が違法な接待を受けていた問題は、首相の影響力が行政をゆがめたのではないかとの疑念を抱かせた。

 安倍前政権から続く森友、加計両問題や「桜を見る会」を巡る疑惑は、いまだ解明されていない。

 「自助」強いる結果に

 それらに上乗せするように浮上した菅政権での不祥事は、国民の政治に対する失望感をいっそう強めたように思える。

 菅氏は昨年9月の総裁選で、党内の大半の派閥から支援されて総裁の座をつかみ取った。だが、首相としてどのような社会を目指しているのかは見えないままだ。

 携帯電話料金の引き下げやデジタル庁設置、不妊治療の保険適用など暮らしに身近な政策の打ち出しはあったが、外交・防衛や経済政策、社会保障の在り方など、大きなビジョンは示せなかった。

 コロナ対策の遅れでは、持論の「自助、共助、公助」そのままに、多くの感染者に自宅療養などの自助努力を強いる結果になった。

 菅氏はきのう、「(コロナ対策など)さまざまな課題に全力で取り組んできた」と述べたが、十分な結果を出せたとは言い難い。

 菅氏は1年間の政権運営の自己評価をきちんと行うべきだ。

 その反省は、次の政権にも生かされなければならない。

 菅氏の不出馬で、17日に告示、29日に投開票される自民党総裁選の構図は一変することになった。

 国会での議論を急げ

 現段階では岸田文雄前政調会長が立候補を表明し、政策を発表した。高市早苗前総務相ら意欲を見せる議員も複数いるようだ。

 コロナ対策はもちろん、日本社会が抱える課題を掘り下げ、的確に対応できる具体策の論戦を深める総裁選にしてほしい。

 事実上の首相を選ぶ選挙である以上、推す側にも責任が生じる。派閥の都合ではなく、支援する理由を明確にすることが政権党の国会議員には求められる。

 自民党の「顔」が交代することで、野党側も衆院選の戦略見直しを迫られよう。有権者に、しっかりとした選択肢を示してほしい。

 議員の任期(10月21日)までに国会を召集し、コロナ関連の懸案を議論することが必要だ。課題は山積している。国会自身が「政治空白」をつくってはならない。