ライトアップされたサクラ(長岡京市天神2丁目・八条ケ池東堤)

ライトアップされたサクラ(長岡京市天神2丁目・八条ケ池東堤)

 桜が見頃を迎える中、寒の戻りも影響して開花から満開までのペースも緩んでいる。京都府長岡京市観光協会は、同市天神2丁目の八条ケ池東堤で実施中のライトアップを7日まで延長することに決めた。向日市上植野町の「桜の径噴水公園」周辺で行われている「西向日桜まつり」の点灯も8日まで延ばす。

 ソメイヨシノは、一般的に咲き始めから満開まで7~10日とされる。同協会は昨年の開花期間を参考にして、今年のライトアップを3月29日~4月5日に設定。想定範囲内の3月26日に開花したが、4月3日まで肌寒い日が続いて花の咲く速度が遅れたため、ライトアップも2日間延ばすことにした。点灯時間は午後6時~9時。

 「西向日桜まつり」を共催する西向日自治会と西向日桜並木と景観を保存する会は、点灯期間を3月26日~4月4日と設定したが、4日間の延長を決定した。点灯は日没~午後9時。