【資料写真】西脇隆俊知事

【資料写真】西脇隆俊知事

 12日に期限を迎える新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、京都府の西脇隆俊知事は7日、記者団に対し「宣言の延長はやむを得ない」と述べ、現在の感染状況での解除は難しいとの認識を示した。

 延長期間は2~3週間が適当との考えも明らかにした。