穴に転落した男性を救助する消防隊員ら(8日午前10時35分、京都市上京区東今小路町)

穴に転落した男性を救助する消防隊員ら(8日午前10時35分、京都市上京区東今小路町)

穴に転落した男性を救助する消防隊員ら(8日午前10時49分、京都市上京区東今小路町)

穴に転落した男性を救助する消防隊員ら(8日午前10時49分、京都市上京区東今小路町)

 8日午前10時5分ごろ、京都市上京区東今小路町の路地で、路面の一部が陥没し、水道工事をしていた男性作業員(35)が幅1~3メートル、深さ約5メートルの穴に転落した。男性は頭にけがを負い、約50分後に救助された。

 市上下水道局によると、同局の委託業者が老朽化した水道管の入れ替え工事で路面を切断する際、地下に空洞があって陥没した。過去に井戸を埋め立てた場所で、地下水が流れ込んで土がなくなった可能性があるという。

 現場は北野天満宮から東に約200メートルの住宅街。