「たけ」「のこ」「りん」と一緒に踊る子どもたち(京都府向日市・第1保育所)

「たけ」「のこ」「りん」と一緒に踊る子どもたち(京都府向日市・第1保育所)

 京都府向日市は、公式キャラクター「たけ」「のこ」「りん」を題材にした「たけのこりん体操」を考案し、普及活動を始めている。モチーフのタケノコが成長していく様子を表現。愛らしい振り付けで構成されており、市内の保育所などで披露している。

 体操は、屈伸をして体を丸めるところから始まる。地中で根を伸ばして育つ様子や土の中から出たい気持ちを、左右に体を伸ばしたり背伸びをしたりして表す。最後に地上に出た喜びで、ジャンプする。
 公式キャラクターと市のPRにつなげようと、市内のフィットネスクラブと共同で考えた。10月30日には同市向日町の第1保育所で、市職員とキャラ3体が園児約50人に振り付けを教えた。女児(6)は「ちょっと覚えるのが難しそう」と話しながら、元気よく手足を動かしていた。
 16日から始まる向日市まつりで紹介するほか、ホームページ上でも動画を配信する予定。