京都鉄道の歴史を伝える御鉄印(京都府南丹市園部町・市立文化博物館)

京都鉄道の歴史を伝える御鉄印(京都府南丹市園部町・市立文化博物館)

 京都府南丹市園部町の市立文化博物館は、明治時代に同町と京都市を結んだ京都鉄道の歴史を伝える「御鉄印」を作った。かつて走った車両や京都鉄道の社印をデザインしている。

 御鉄印は御朱印や御城印の鉄道版。縦15センチ、横10・5センチで千枚を作った。

 京都鉄道の京都-園部間は1899(明治32)年に開通。沿線地域の発展につながった。御鉄印には「京都鉄道」と大書。明治30年代前半の車両や、「京」の文字をモチーフにしたとされる京都鉄道の社印をあしらった。

 同館は「文明開化の象徴である鉄道が通れば暮らしが豊かになると考え、住民は鉄道を求めた。御鉄印を手にして、京都鉄道にまつわる歴史を知ってもらえたらうれしい」としている。

 1枚300円。送料370円で郵送販売もしている。京都鉄道に関する企画展も26日まで開催中。