JR園部駅(奥)を出発して亀岡方面へ向かう電車=京都府南丹市園部町

JR園部駅(奥)を出発して亀岡方面へ向かう電車=京都府南丹市園部町

 JR西日本による来春のダイヤ改正で、山陰線の亀岡-園部間の昼間の運行本数を、特急や朝夕の通勤通学時間帯を除き半減させる案が浮上していることが、9日までに分かった。新型コロナウイルスの感染拡大による旅客需要の低迷を受けた対応とみられる。沿線の京都府亀岡、南丹両市は本数維持を求めていく考え。

 亀岡-園部間では現在、日中の時間帯に快速と普通が1時間におおむね上下各1本ずつ、計4本が運行されている。南丹市関係者によると6月、JR西から同時間帯に上下各1本の計2本とする考えが示されたという。削減対象は平日とみられる。

 リモートワークの普及などで旅客数が減る中、10月のダイヤ改正では園部-胡麻間の土日祝日の一部時間帯で、普通の運行を取りやめるなど管内で大幅減便を実施。今回の案もその流れの一環とみられる。

 南丹市の西村良平市長は「コロナに対応した一時的な措置ならば良いが、一度減らすと戻らない恐れがある」と懸念。1日の乗降客数は園部駅が約7200人、亀岡駅が約1万3500人に上る。「利用者の反発があると思う」とし、減便回避を要望したい考えを示した。

 亀岡市の桂川孝裕市長は「行政も駅整備やバリアフリー化などに努力している。山陰線は生活に直結する公共交通。ぜひとも減便しないでほしい」として、南丹市や京丹波町とともに要望していく方針。

 南丹市議会も開会中の9月定例会で、利便性維持をJR西に求める決議を行う方向で調整しており、亀岡市と京丹波町の議会にも働き掛け、足並みをそろえて意向を伝えたいとしている。

 減便案に関し、JR西は「来春のダイヤ改正は検討段階で、現時点で回答できない」とした。

◇JR山陰線(亀岡-園部間)
 亀岡、並河、千代川、八木、吉富、園部の各駅がある。亀岡市内の並河駅と千代川駅の間では宅地整備が進み、川のレジャー拠点となる川の駅・亀岡水辺公園も完成。今後の活性化への市の期待は高い。南丹市内の園部駅では大学や専門学校などの学生利用が多く、八木駅は新駅舎が4月に完成したばかり。