亀岡市役所

亀岡市役所

 京都府亀岡市は10日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンを1回目に接種した市内の男性(25)が、2回目にファイザー製を接種していたことが分かった、と発表した。男性の健康状態に異常はないという。

 市健康増進課によると、男性は7月初旬に職域接種でモデルナ製を打ったが、その後退職。2回目が受けられず、今月9日に市内の医療機関で個別にファイザー製の接種を受けたという。受付時に未使用の接種券を持参し「1回目です」と申告したが、帰宅後に事実を連絡して判明した。男性は「約2カ月経過しワクチンの効力がなくなったと思った」と説明しているという。

 同課は、接種医療機関に受付時の確認の徹底を求めるとともに、「職域接種の主催企業には2回の接種を責任持って行うようお願いしたい」としている。