オンラインで協定を交わした門川京都市長(左)と陳高雄市長=京都市中京区

オンラインで協定を交わした門川京都市長(左)と陳高雄市長=京都市中京区

 京都市と台湾・高雄市は10日、友好関係を深めるための「高雄協定」を締結した。高雄市の地名が右京区・高雄地域が由来とされることが縁で、文化や産業、教育など幅広い分野で交流を進めることを確認した。

 高雄市は台湾南部の港湾都市で元々は「打狗(ターカオ)」という地名だったが、日本統治時代の1920年に発音が似た「高雄」に改称したとされる。昨年、100年の節目になることから同市から京都市に協定の提案があった。

 この日、オンラインで行われた締結式で、陳其邁(ちんきまい)・高雄市長は日本から台湾への新型コロナウイルスワクチンの無償提供に感謝した上で、「両市の独特の魅力を楽しみながら提携を強化したい」とあいさつ。門川大作・京都市長は「市民レベルでの交流を深めていきたい」と応えた。

 協定に基づいて今後、それぞれの伝統芸能の公演を両市で開くことを検討しているという。