爆発物の入っている箱を探し当て得意そうな警察犬(京都府京丹波町曽根・道の駅「京丹波 味夢の里」)

爆発物の入っている箱を探し当て得意そうな警察犬(京都府京丹波町曽根・道の駅「京丹波 味夢の里」)

 京都府獣医師会主催の「動物感謝デー in KYOTO」が4日、京都府京丹波町曽根の道の駅「京丹波 味夢の里」で開かれた。犬と人とのゲーム大会や獣医師体験教室など多彩な催しが繰り広げられ、訪れた人が愛犬と一緒に楽しみながら動物との付き合い方を学んだ。
 動物愛護管理に関する知識の普及と獣医師の活動を広く知ってもらうために毎年開いている。今年も犬を連れた家族連れら約1500人(主催者調べ)が参加した。
 会場では、警察犬の模範演技、介助犬のデモンストレーション、災害時に動物を連れての避難訓練、犬の運動会、しつけ方教室などが行われた。中でも、特定の人物や爆発物の臭いをかぎ分ける警察犬の能力に盛んな拍手が送られていた。