比叡山焼き打ちから450年の節目で営まれた慰霊法要。「怨親平等」の精神で織田軍も含めた犠牲者を弔った(大津市・延暦寺)

比叡山焼き打ちから450年の節目で営まれた慰霊法要。「怨親平等」の精神で織田軍も含めた犠牲者を弔った(大津市・延暦寺)

鎮魂塚の前で手を合わせる明智さんと織田さん(左から)=大津市・延暦寺

鎮魂塚の前で手を合わせる明智さんと織田さん(左から)=大津市・延暦寺

 天台宗総本山・延暦寺(滋賀県大津市)を織田信長軍が攻めた「比叡山焼き打ち」から450年となる12日、同寺で織田軍も含めた犠牲者の慰霊法要が営まれた。敵味方を分けない「怨親(おんしん)平等」の仏教精神で今年は信長と明智光秀の子孫も初めて参列し、恩讐(おんしゅう)を超えて新しい歴史の一ページを刻んだ。


 比叡山焼き打ちは1571(元亀2)年9月12日、浅井・朝倉連合軍と組んだ延暦寺を、信長が大軍で攻めた出来事。延暦寺は1992年に境内の国宝殿横に鎮魂塚を設けて以来、毎年焼き打ちの犠牲者とともに信長や戦没者の霊を殉難者として供養してきた。


 今年は宗祖最澄の1200年大遠忌にもあたり、信長の子孫、織田茂和氏(43)と、焼き打ちに関わった光秀の子孫、明智憲三郎氏(74)も招いた。阿弥陀堂で慰霊法要を行い、鎮魂塚も訪れて静かに手を合わせた。


 延暦寺の水尾寂芳執行は法要後、最澄が遺した「怨(うら)みをもって怨みに報ゆれば、怨みは止まず。徳をもって怨みに報ゆれば、怨みはすなわち尽(つ)く」との言葉を紹介。「宗祖の言葉によって鎮魂塚が築かれた。その当事者の末裔にお越しいただいて大変よかった。新しい関係が始まればと願っている」と語った。


 また水尾氏は焼き打ちの歴史について「襲った方々もその後、豊臣に、徳川に敗れた。ただ比叡山は豊臣、徳川家によって復興されたことを思うと、怨親は定まったものではないとつくづく思う」と語った。


 法要後には記念対談も行われ、織田氏は「お話しをもらい当初は信じられなかった。今後、延暦寺や坂本地域に何かお役に立ちたい」と語った。明智氏は「光秀も感慨無量だと思う。現在も世界各地で戦国時代が存在している。戦のない世を追求し続けていくことが怨親平等の教えにもかない、歴史に学ぶ実践にもなる」と話した。