9月12日投開票の京都府城陽市長選は、無所属現職の奥田敏晴さん(76)が3選を決め、「国や府と連携し、市町村と肩を組み、前に進む政策をしたい」と気を引き締めた。

 午後9時20分、当選確実の一報が城陽市寺田の事務所に入ると、大きな拍手に包まれた。奥田さんは支持者約100人と万歳を繰り返し、「新型コロナウイルス禍で経験したことのない選挙。(支持者が)頑張ってくれた」と感謝を述べた。

 2期目の奥田さんは、新名神高速道路の全線開通(2023年度中)に合わせた都市基盤整備に力を……