京都府警北署

京都府警北署

 京都市北区で1日、パトカーに追跡されたバイクが起こしたひき逃げ事故で、京都府警北署は13日、自動車運転処罰法違反(無免許危険運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、京都市北区の高校1年の男子生徒(15)を逮捕した。

 逮捕容疑は1日午後5時ごろ、北区上賀茂東上之段町でミニバイクを無免許運転し、赤信号を無視して交差点に進入して左京区の男性看護師(51)のオートバイに衝突、左脚骨折の重傷を負わせて逃げた疑い。

 北署によると、男子生徒はナンバープレートを上に上げて走っていたため、同署のパトカーに約450メートル追跡されていた。事故後、ミニバイクを現場に放置して走り去ったという。