京都府警西京署

京都府警西京署

 京都市西京区の小学校前で包丁を所持していたとして、京都府警西京署は14日、銃刀法違反の疑いで、同区の無職男(30)を逮捕した。「小学校の児童に恨みがあった。仕返しとして驚かせるために行った」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8月27日午後6時15分ごろ、西京区の小学校の校門前で、刃渡り約17センチの包丁1本を所持していた疑い。

 西京署によると、男は校門前に数分間立っており、児童を連れた保護者が見つけて110番した。同署員が駆け付けた際には立ち去っており、周囲の防犯カメラなどから身元を特定したという。