【資料写真】新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

【資料写真】新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は14日、新型コロナウイルスに感染し県内の医療機関に入院していた90歳以上の男性1人が死亡し、新たに10歳未満~90歳以上の男女48人が感染したと発表した。うち1人が重症。県内の感染確認は計1万1843人、死者は計98人となった。

 新規感染者は居住地別に彦根市12人、大津市10人など。米原市の製造業事業所で同日までに従業員14人の感染が確認され、県はクラスター(感染者集団)と認定した。

 また、航空自衛隊は14日までに、高島市の饗庭野分屯基地の隊員6人が感染しクラスターが発生したと発表した。県によると、さらに1人の感染を確認し計7人となった。