社会問題化しているインターネット上での誹謗(ひぼう)中傷に対応するため、侮辱罪が厳罰化される見通しとなった。上川陽子法相が14日、法制審議会への諮問を表明。ネットが存在しなかった明治以来の規定が見直される。公訴時効も長くなるため、