プロバスケットボール男子のBリーグは7日、沖縄市体育館などで6試合が行われ、西地区2位の京都は52―67で琉球に敗れ、3位に順位を落とした。琉球は36勝目(19敗)を挙げ、2年連続の西地区優勝を決めた。滋賀(西地区5位)は福岡を92―77で下し連勝した。東地区の北海道と西地区の福岡はB1残留を争うプレーオフに回ることが決まった。