兵庫県の淡路島の沿岸で15日に起きた水上バイク事故で、神戸海上保安部は16日、死亡したのは神戸市兵庫区の男性(35)と、いずれも同市長田区の男性(28)と女性(29)と明らかにした。

 神戸海保によると、水上バイクの定員は3人で、亡くなった3人はいずれもライフジャケットを着用していた。

 事故は15日午後4時ごろ、同県淡路市岩屋の沿岸で発生したとみられ、3人が消波ブロック上で倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認された。神戸海保は、3人が乗った水上バイクが単独でブロックにぶつかったとみて詳しい事故原因を調べている。