東京五輪の陸上男子20キロ競歩で銅メダルを獲得した山西利和選手(25)=愛知製鋼、堀川高―京都大出=が16日、京都市スポーツ最高栄誉賞と、京都府スポーツ賞特別栄誉賞の表彰を受けた。京大出身者の陸上でのメダルは1936年ベルリン五輪以来85年ぶりで、「金メダルを目指していたので悔しい結果だが、多くの方に喜んでもらえてうれしい」と感謝した。

 市役所(中京区)では改修を終えたばかりの……