台風14号の進路予想図(16日午後3時発表、気象庁ホームページより)

台風14号の進路予想図(16日午後3時発表、気象庁ホームページより)

 京都地方気象台は16日夕、台風14号が18日朝~昼前に京都府に最接近するとした気象情報を発表し、土砂災害や強風への警戒を呼びかけた。17日夕から風雨とも急に強まる見通しで、京都府南部を直撃する可能性もあるという。

 気象台によると、16日午後3時現在、台風14号は東シナ海にあり、17日には九州に上陸・接近し、東に進んでいく。

 京都府には、台風のまま勢力を保って、18日朝~昼前に最も接近するとみられる。進路が予報円の北側を通った場合、府南部を直撃する可能性もある。

 府内では17日夕から雨風が強まり、18日にかけて荒れた天気が続く。大雨や洪水の警報が発表される可能性もある。

  気象台は「17日は、夜間に急に雨脚や風が強まる恐れがある。明るい時間帯に早めの備えや避難行動を」と厳重な警戒を呼び掛けている。

 また、舞鶴湾では18日午前11時半頃に満潮を迎えるため、高潮にも注意が必要だという。

■18日午後6時までに予想される24時間雨量
 北部・南部とも200~100ミリ

■予想される最大瞬間風速
 北部 17日25メートル、18日35~25メートル
 南部 17日25メートル、18日35~25メートル