滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は16日、新型コロナウイルス対策で営業時間の短縮要請に応じた事業所に支払う協力金のオンライン申請システムにミスがあったと発表した。一部の申請者の店舗所在地や電話番号などが、他事業者の申請画面に表示されていた。

 14日に申請者からの連絡で判明した。県や申請事務の委託業者が調べたところ、29事業者の入力情報が別の事業者の情報と入れ替わっていた。県はシステムを止めて改修と点検を行ったため、14日午後8時ごろから約20分間、15日も午後1時から約7時間半にわたってオンラインでの申請を停止した。