アオバナで染めた青色のベルトが特徴的なウエディングドレスで結婚式を挙げた林夫妻(滋賀県草津市西大路町・クサツエストピアホテル)

アオバナで染めた青色のベルトが特徴的なウエディングドレスで結婚式を挙げた林夫妻(滋賀県草津市西大路町・クサツエストピアホテル)

 草津市の花で特産品のアオバナで染めたウエディングドレスが、滋賀県草津市のクサツエストピアホテルで7日にあった結婚式で使われた。青色のベルトがアクセントとなって純白のドレスを引き立て、「素朴できれいな色」と新郎新婦は気に入っていた。

 草津ならではのドレスとして同ホテルが企画し、この日、新婦の林佐弥さん=草津市=が初めて着用して挙式した。絹糸と和紙の糸で織った生地のシンプルなドレスで、腰のベルトとコサージュにアオバナで染めた青色をあしらった。

 新郎の直之さんは「派手でなくかわいらしいデザインで、第一印象でこのドレスにしたいと私が思った」と話した。同ホテルは「これからも多くのカップルに使ってもらいたい」と期待する。