大津家裁

大津家裁

 大津市の自宅で今夏、小学1年の妹(6)を暴行し死亡させたとして、傷害致死の非行内容で家裁送致された兄の無職少年(17)について、大津家裁は17日、少年審判を開き、横井裕美裁判官は「少年および被害者(妹)は母親によるネグレクト(育児放棄)状態にあり、責任を少年のみに負わせるのは酷な面がある」などとし、「第1種少年院」送致とする保護処分を決定した。

 決定によると、少年は7月22日~8月1日、大津市の自宅で妹の顔面や頭部を殴る蹴るなどの暴行を加え、外傷性ショックで死亡させた。少年法では、16歳以上が故意の犯罪行為で被害者を死亡させた場合、原則として検察官送致(逆送)して成人と同様に裁判にかけることとなっており、異例の判断となった。