台風14号の進路予想図(17日午後4時発表、気象庁ホームページより)

台風14号の進路予想図(17日午後4時発表、気象庁ホームページより)

 京都地方気象台は17日夕、台風14号が18日昼前~昼過ぎに京都府に最接近するとした気象情報を発表し、土砂災害や強風への警戒を呼び掛けた。18日は非常に激しい雨の恐れがあり、最大瞬間風速は30メートルに達する可能性がある。

 気象台によると、17日午後4時現在、台風14号は長崎県付近の海上にあり、17日夜に九州北部に上陸・接近し、東に進む。

 京都府には台風のまま勢力を保って18日昼前~昼過ぎに最も接近するとみられる。奈良県付近を横断するとみられるが、予報円の北側を通った場合は、京都府南部を通過する可能性がある。

 京都府では17日夜遅くから雨風が強まり、18日にかけて荒れた天気が続く。18日は府南部で時間雨量50ミリの非常に激しい雨の恐れがあり、大雨や洪水の警報が発表される可能性もある。

 18日午後6時までに予想される24時間雨量は
南部120ミリ
北部100ミリ

 予想される最大瞬間風速は
南部・北部 17日25メートル、18日30メートル

となっている。